転勤 引っ越し 費用

転勤時の引っ越し費用はこの方法で安くなる

転勤 引っ越し

転勤 引越し

転勤 移動

転勤 荷物 運ぶ

転勤 引っ越し 費用

 

転勤のシーズンですね。この時期は引っ越しをする人が大変多くなります。

 

中でも3月は、大学入学の学生さんや新入社員の一人暮らしなど新生活を始める人が多いため引越しシーズンとなります。
引越し業者は繁忙期を迎え、1日何件もの引越しをこなさなければなりません。

 

そんな状態なので、1年で最も引越し料金が高くなってしまうのです。
それでもちょっとでも引っ越し料金は安い方がいいと思いませんか?

 

それなら、引越し業者一括見積もりサイトを賢く利用しましょう。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

引っ越し料金が高いか安いかはいくつかの業者を比べてみないとわかりません。
またダンボールも買うと結構なお値段がかかりますので、サービス内容が比べられるのもうれしいですよね。

 

転勤が決まって新居の住所がわかったらすぐに見積もりを申し込みましょう!
条件の良い引越し業者ほど予約が埋まっていきます。

 

早めに依頼することで、値引きサービスなどの交渉時間ができて余裕で引っ越し準備ができます。

 

頑張ってくださいね!

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しではすることがとても多いですから、まず簡単な手順を先に確認しておきましょう。

 

引越しで難航するのが業者えらびです。
早く引越し業者への見積もり依頼して決めてしまいたいところですが、おそらく新居が決まってからでないと見積もりの受付をしてもらえません。まずは新居を決めることが先決です。
新居が決まったらすぐに一括見積もりをしましょう。

 

荷造りは時間に余裕を持って行ってください。
荷解きのことを考えるとキッチングッズ・本・服などはきっちり用途別にわけたいところですが、時間がないと適当に箱詰めする作業になってしまいます。

 

そして不要品が出たら売る・あげる・捨てるなどして、引越し日の前に処分してくださいね。
新居に持って行こうとするとその分の費用がかかることになりますから、できるだけ荷物は減らしてください。

 

引越し2週間前から転出届を出すことが出来ます。転出届は市外へ引越しする場合に必要な書類です。
ほかにも健康保険や年金、児童手当など役所関係の書類があればついでに出しましょう。

 

電気・ガス・水道は1〜2週間前に各会社に引越しの事実を伝え、引越し日までの費用の精算を手配をしてもらいます。
同一市内での引越しであれば、同じ会社で新居の電気・ガス・水道を使えるようにしてもらってくださいね。

 

郵便物の引越しは最寄りの郵便局で転居届を出せば1年間だけ新居に転送してくれます。
その間に友人や知人への連絡、職場などへの報告も行っておきましょう。

 

さていよいよ引越しですが、自分で運ばなければならない荷物があります。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものは自分で運んでください。
家具の配置はあらかじめ決めておくと当日の作業がスムーズです。

 

引越しが終わったら2週間以内に市町村役場で「転居届(市内引越しの場合)か転入届(市外引越しの場合)を提出します。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険会社、銀行やクレジットカードなどの住所変更をしましょう。
忘れると大事なお知らせが届かくなったり、サービスが受けられなくなったりするのでお忘れなく。

 

 

引越し料金と繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越しは3月がもっとも件数が多く、この時期を引越し業界の繁忙期と呼びます。

 

3月に繁忙期を迎える理由は、4月からの新学期が理由で起こります。
新大学生や新社会人が新学期に大学入学や会社に入社するため、3月に引越しをするのです。

 

そしてもう一つの大きな理由に日本企業の「春の人事異動」があります。
春の大規模な人事異動はだいたい2月の終わりから3月頭に辞令が出されるため、前もって準備をする充分な余裕がありません。

 

会社の命令ですから、一番の繁忙期に引越しせざる得ないのです。

 

また転勤は全国規模であることも多く、遠距離引越し費用だとかなりかさみます。
繁忙期で家族での遠距離引越しだと、冗談抜きで「100万円かかる」と言われることもあるそうです。

 

会社はある程度は引越し代を出してくれますが、持ち出しなしでは難しいです。
カーテンや証明、ガスコンロなどは引越しする度に買い換えることがあります。地味に辛いです。

 

ですから、もし可能なら繁忙期の引越しは避けましょう。
そしてどうしても繁忙期を避けられないのであれば、早く新居を決めて見積もりを依頼し、引越し業者と契約して下さいね。

 

準備が遅くなればなるほど引越し条件がきつくなり、費用が高くなり、最悪依頼を断られます。
繁忙期の引越しはスピードが命です。